スポンサーリンク

タロットクロスを手作りしてみよう!作り方や色の選び方について

占い情報

こんにちは。mel(@tarot_mel)です♪

今日は私がいつも占いに使っている大切なタロットクロスをご紹介します。

こちら、なんと自作です。しかも手縫いです!(よく見ると縫い目の粗さが分かりますw)

最初はタロット占いが続けられるか分からないので、100均で風呂敷のような生地の布を買ってきて使っていました。

タロットクロスは本来、カードを傷付けないために布を敷いているだけなので、家にある布でも100均で買った布でも、何でもいいんですよ!

でも占いにも慣れてきて、そろそろちゃんとしたものが欲しいな~と思ってタロットクロスを購入しようとした時に、意外と値が張るな~じゃあ作っちゃおう!と思ったのがきっかけです。

製作にあたって色々調べたことをまとめてみます。

皆さんも是非タロットクロスを自作してみてください^^

自作のタロットクロスの良いところ

お店で買ったタロットクロスの方が素人の縫製と比べてきちんとしていて綺麗ですが、このような魔法道具は自作することでよりパワーが込められるのだそうです。

オンリーワンの魔法道具って、なんだか素敵ですよね♪

タロットクロスの色の選び方

タロットクロスの色にもそれぞれ効果があるそうです。

代表的な3色をご紹介します。

霊感や直感を高めてくれる
哲学的な知識を極めてくれる
自分の占いに自信を持たせてくれる

どれも占いには必要なもので、とても理にかなっていますよね!

私は生地を買う時になんとなく紺に惹かれたので、紺の布を購入しました。

タロットクロスの作り方

生地はクラッシュベロアという素材がオススメです。

光沢があって滑りにくく、またシワになりにくい特徴があるそうです。

(ですがなんだかんだ滑るので、この下に100均の滑り止めを敷いてます(笑)

これで全く滑りません。)

この生地を好みの大きさ+縫い代分1.5cmにカットします。

私はとりあえず70x70cmに裁断して、出来上がったら67cmか66cmくらいかな〜?という、かなりアバウトな感じでスタート。

机の大きさなどにもよりますが、出来上がりが60cm以上はないとカードをシャッフルする時に狭く感じられると思います。

まち針で仮止めをしたら・・あとはひたすら縫う!

 

ミシンがあれば一瞬ですが、残念ながら我が家にはありませんので、ひたすら手で縫います。

地道にちまちま縫ったところで、完成です!

 

縁にテープやレースを縫い付けたりするのもオシャレですが、私はシンプルイズベスト。

その代わりに、パワーストーンのチャームを一つ付けました。

石はシャンパンオーラという石です。

潜在能力や直感力が向上する効果があると言われているのと、紺にゴールド系の石を合わせたかったのでこれに決めました。

 

子供が昼寝している間に急いで作ったので、クオリティはそれなりですが・・手縫いの割にはまあまあそれらしく出来上がりました。

ちなみに寸法は最終的に66x66cmになりましたよ。

自作タロットクロスはいくらかかったか?

私は生地を70cm購入し、送料を含めて600円弱(当時のお値段です)

さらに天然石チャームが1つ100円+送料で300円弱。

つまり、1000円以内でオリジナルのタロットクロスを作ることができました!

普通にタロットクロスを買うと2000~3000円くらいしてしまいますから、半額以下で買えてパワーも込められるなんて、すごく良いですよね♪

お手軽に生地を買うならこちら

生地はこちらから購入しました。お色は266のネイビーです。

多めに買ってタロットポーチ(巾着袋)を一緒に作っても良いですよ♪

 

チャームはこちらから。

私は一粒タイプにしましたが、二連や三連になっているタイプも可愛いです♪

 

最近は淡いピンクのオラクルマットを見かけて、こんな可愛い色のクロスもいいな~また作っちゃおうかな?なんて思ってます^^

皆さんもぜひ自作のタロットクロスを作ってみてくださいね!

 

やっぱり手作りは面倒!すぐ欲しい!という方はこちら。笑

こちらはカラー展開が豊富なことに加え、タロットカードを入れるポーチと、タロットクロスを入れるポーチまでついた超お得なセットです!

タロットクロスが入る大きめのポーチって本当に少ないんですよ><

私もクロスは棚にむき出しに入れているので、こんな大きなポーチがあると本当に重宝しますよ!

タロットクロスのポーチにカードのポーチも全て収納できるのでとてもオススメです☆

クロスとカード用ポーチの2点セットもありますので、お好みでお選びくださいね♪

▲こちらはタロットクロスとカードを収納するポーチの2点セットです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました